ぴくぴくにっき

顔がピクピクする病気『顔面痙攣』とお別れするまでの日記。

CATEGORIES

PROFILE

まりも

まりも

20代後半な女子。
顔面痙攣と闘った女子。
本館はコチラ

MONTHLY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

--月--日スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02月03日顔面麻痺?

2001年
学生時代のバイト先に久々に遊びに行って、
仲良くしてたスタッフの一人に、「ストレスで目がピクピクする」とグチった。
すると彼女は『顔面麻痺』で入院した時の話をしてくれた。
ある日突然、顔の半分が麻痺してしまったそう。

彼女の場合、数日前から光に敏感になり、
室内でもまぶしく感じ、瞼がピクピクしたという。

私はもともと光に敏感で、目の調子が悪い時は室内でもサングラスを必要とする。
瞼のピクつきも同じ。
これは『顔面麻痺』なんだ!

神経が切れてからだと大変だから、すぐに病院へ行った方がいいと言われ、
彼女が入院した病院に行くことにした。

今だったらネットでいろいろ検索できたかもしれないけど、
当時はパソコンを仕事以外で使うとは思っていなかった^_^;
それに仕事で「使った」と言っても、押すキーは決まっていて、
ろくにパソコンを使えなかったし…。

そんな訳で(?)ピクピクが気になっていたけど
『何科』で診てもらえばいいか分からなかった。

彼女が診てもらったのは『耳鼻科』。
さっそく その病院の『耳鼻科』に行った。

8月ということもあり、大きい病院なのに耳鼻科は空いていた。
瞼のピクつきから始まり、目の下までピクピクするのが数年続いていること、
知り合いが『顔面麻痺』で同じような症状だったから心配、
そんなようなことを先生に話した。

原因はストレス。
「気にすると余計にピクピクするから気にしないように」
「一時も休むことなくピクピクするようだったら また来てください」
とのことだった。
確かに一日中ピクピクしている訳じゃないし…。
様子をみることになった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のURL:http://piku.blog4.fc2.com/tb.php/5-e72e86f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。