ぴくぴくにっき

顔がピクピクする病気『顔面痙攣』とお別れするまでの日記。

CATEGORIES

PROFILE

まりも

まりも

20代後半な女子。
顔面痙攣と闘った女子。
本館はコチラ

MONTHLY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

--月--日スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02月03日はじめに

放っておいても問題ない。
でも、多くの人は生活に支障をきたす。



そんな病気『顔面痙攣』。

顔面痙攣とは、その名の通り顔が痙攣する病気。
顔の筋肉を支配する顔面神経に血管が触れて痙攣を起こす。

緊張やストレスで悪化する場合もあることから
精神的なもの、チック症と間違われることが多い。



私は右の瞼から始まり、頬、口元まで痙攣が広がりました。
ひどい時は右目が半分くらいしか開きません。
目の大きさも変わりました。
笑ったり、目を細めると痙攣することが多いです。
特にアイラインを引くときは大変っ^_^;

3月に手術を決め、治るかどうかは分かりませんが
治ることを信じて思い出に(?)記録することにしました。

このブログは記録好きな私が自分のために作ったブログです。
「誰かの参考になれば」と思って作った訳ではありません。
参考になる顔面痙攣のサイトはたくさんありますから('-'*)
なのでテキトーです。
こんな病気もあるんだなぁくらいに思っていただければと。


▼MENU

病気が分かるまで 
  瞼の痙攣が始まり、顔面痙攣という病気を知るまでの記録
通院
  顔面痙攣という病気を知り、手術を決めるまでの記録
検査入院
  検査入院3日間の出来事
入院生活
  入院日記
退院後の生活&通院
  回復までの記録と通院の記録
まとめ
  手術について まとめ

 ※このブログは、順を追って読んでいただきたいので
 日付の古い順になっています。
 よって、新しいエントリは一番最後のページにUPされます。
 サイドメニュー『ENTRIES』を開きますと、
 新しいエントリが見れます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。